リソース

注意事項:一部の資料は英語のみで公開されています。当該資料のタイトルはAMRアライアンス・ジャパンによる翻訳であり、定訳ではございません。

Note: Document title translations for resources written only in English are provided by AMR Alliance Japan for reference purposes. These titles should not be considered official translations.

1. AMRアライアンス・ジャパンによる資料

2. AMRアライアンス・ジャパン メンバーによる資料

シオノギ製薬

一般社団法人 日本医真菌学会

一般社団法人 日本医療薬学会

公益社団法人 日本化学療法学会

一般社団法人 日本環境感染学会

一般社団法人 日本感染症学会

一般社団法人 日本小児感染症学会

日本製薬工業協会

<薬剤耐性(AMR)全般・AMR対策啓発>
<研究開発促進策>
<G7・G20提言>

日本ベクトン・ディッキンソン株式会社

公益社団法人 日本薬学会

一般社団法人 日本臨床微生物学会

三学会合同抗菌薬感受性サーベイランス

3. 参考文献

出版年タイトル著者国・地域関連する提言 
2020JANISホームページ厚生労働省院内感染対策サーベイランス事業(JANIS)日本2. 国内のAMRに関する危機の管理及びサーベイランス・システムの構築
2018公開情報 2018年1月~ 12月 年報(全集計対象医療機関)_x000B_院内感染対策サーベイランス 全入院患者部門厚生労働省院内感染対策サーベイランス事業(JANIS)日本2. 国内のAMRに関する危機の管理及びサーベイランス・システムの構築
2018日本における薬剤耐性菌発生状況の自動検出についてJournal of Hospital Infection日本2. 国内のAMRに関する危機の管理及びサーベイランス・システムの構築
2016薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン 2016-2020国際的に脅威となる感染症対策関係閣僚会議日本2. 国内のAMRに関する危機の管理及びサーベイランス・システムの構築
2017薬剤耐性ワンヘルス動向調査 年次報告書 2017薬剤耐性ワンヘルス動向調査検討会日本2. 国内のAMRに関する危機の管理及びサーベイランス・システムの構築
2019三学会合同抗菌薬感受性サーベイランス三学会合同抗菌薬感受性サーベイランス日本2. 国内のAMRに関する危機の管理及びサーベイランス・システムの構築
2019厚生労働科学研究費補助金事業 抗菌薬使用動向調査システム厚生労働科学研究費補助金事業 抗菌薬使用動向調査システム日本2. 国内のAMRに関する危機の管理及びサーベイランス・システムの構築
2020全国サーベイランスプラットフォーム(J-SIPHE)全国サーベイランスプラットフォーム(J-SIPHE)日本2. 国内のAMRに関する危機の管理及びサーベイランス・システムの構築
2018グローバルAMRサーベイランス(GLASS)報告書 2016-2017世界保健機関地球2. 国内のAMRに関する危機の管理及びサーベイランス・システムの構築
2020欧州AMRサーベイランスネットワーク欧州疾病予防管理センター欧州2. 国内のAMRに関する危機の管理及びサーベイランス・システムの構築
2020ラテンアメリカAMRサーベイランスネットワーク汎米保健機構中南米2. 国内のAMRに関する危機の管理及びサーベイランス・システムの構築
2019中央アジア・ヨーロッパAMRサーベイランス世界保健機関東欧・中央アジア2. 国内のAMRに関する危機の管理及びサーベイランス・システムの構築
2019米国AMRモニタリングシステム(NARMS)アメリカ疾病予防管理センター米国2. 国内のAMRに関する危機の管理及びサーベイランス・システムの構築
2017低・中所得者層におけるAMRサーベイランス -- グローバルAMRサーベイランスシステム(GLASS)への参加に向けたロードマップWellcome Open Research低・中所得国2. 国内のAMRに関する危機の管理及びサーベイランス・システムの構築
2020ICTとAST国立研究開発法人 国立国際医療研究センター病院日本2. 国内のAMRに関する危機の管理及びサーベイランス・システムの構築
2015迅速診断法:不必要な抗生剤使用を阻止するためにWellcome Trust地球3. 積極的な耐性菌スクリーニング検査及び迅速診断検査等を実施しやすい体制の整備
2020薬剤耐性に関するプログラム連携イニシアティブ薬剤耐性に関するプログラム連携イニシアティブ欧州3. 積極的な耐性菌スクリーニング検査及び迅速診断検査等を実施しやすい体制の整備
2020薬剤耐性に関するプログラム連携イニシアティブ:日本での取り組みについて薬剤耐性に関するプログラム連携イニシアティブ日本3. 積極的な耐性菌スクリーニング検査及び迅速診断検査等を実施しやすい体制の整備
2020AMR Dx グローバル薬剤耐性に関するプログラム連携イニシアティブ欧州3. 積極的な耐性菌スクリーニング検査及び迅速診断検査等を実施しやすい体制の整備
2019AMR診断チャレンジアメリカ国立衛生研究所米国3. 積極的な耐性菌スクリーニング検査及び迅速診断検査等を実施しやすい体制の整備
2018日本における院内感染対策サーベイランス(JANIS):院内微生物検査室を基盤とした持続可能な全国的AMRサーベイランスモデルBMC Health Services Research 日本3. 積極的な耐性菌スクリーニング検査及び迅速診断検査等を実施しやすい体制の整備
2015感染症の予防、制御、およびサーベイランス:薬剤耐性の発生と拡大の制限についてWellcome Trust地球3. 積極的な耐性菌スクリーニング検査及び迅速診断検査等を実施しやすい体制の整備
2017AMR対策のための迅速診断技術に関するホワイトペーパーHealth First Europe欧州3. 積極的な耐性菌スクリーニング検査及び迅速診断検査等を実施しやすい体制の整備
2018AMRにおけるイノベーション:新規診断法の特許動向Longitude Prize地球3. 積極的な耐性菌スクリーニング検査及び迅速診断検査等を実施しやすい体制の整備
2016診断支援(Diagnostic stewardship):AMRサーベイランスサイトにおける実施ガイド世界保健機関地球3. 積極的な耐性菌スクリーニング検査及び迅速診断検査等を実施しやすい体制の整備
2019世界的なAMRサーベイランスシステムを強化するための分子生物学的AMR診断法について世界保健機関地球3. 積極的な耐性菌スクリーニング検査及び迅速診断検査等を実施しやすい体制の整備
2016 感染症検査の最前線 -迅速な薬剤感受性検査の最新動向を含めて-関東化学株式会社日本3. 積極的な耐性菌スクリーニング検査及び迅速診断検査等を実施しやすい体制の整備
2017臨床微生物学検査室における細菌の迅速同定と感受性検査の進歩:患者ケアと抗菌薬適正使用支援プログラムへの適用についてInfectious Disease Report地球3. 積極的な耐性菌スクリーニング検査及び迅速診断検査等を実施しやすい体制の整備
2019感染予防と抗菌薬適正使用支援プログラムに影響を与える診断検査の進歩についてCurrent Infectious Disease Reports地球3. 積極的な耐性菌スクリーニング検査及び迅速診断検査等を実施しやすい体制の整備
2018医療従事者へのAMRに関する教育・訓練のための世界保健機関コンピテンシーフレームワーク世界保健機関地球4. 国民及び医療従事者へのAMRに関する学修支援の整備
2020AMR臨床リファレンスセンターについて国立研究開発法人国立国際医療研究センター日本4. 国民及び医療従事者へのAMRに関する学修支援の整備
2020e-Bugイングランド公衆衛生サービス英国4. 国民及び医療従事者へのAMRに関する学修支援の整備
2020AMR臨床リファレンスセンター:啓発用ツール・ポスターなど国立研究開発法人国立国際医療研究センター日本4. 国民及び医療従事者へのAMRに関する学修支援の整備
2015次世代のための新薬の確保:抗生物質のパイプラインについてWellcome Trust地球5. 抗菌薬開発を促進するインセンティブ・モデルの策定
2013熱帯病(NTD:Neglected Tropical Diseases)に対する日本と協力組織の連携についてサイエンティフィック・アメリカン日本5. 抗菌薬開発を促進するインセンティブ・モデルの策定
2018抗菌薬への持続可能なアクセス:抗菌薬適正使用支援に欠落した要素について- 2つの国の物語Frontiers in Public Health地球6. 抗菌薬の安定供給
2016薬剤耐性感染症への世界的な取り組み:最終報告書と提言Wellcome Trust地球6. 抗菌薬の安定供給
2020感染症対策のためのグローバルリサーチコラボレーションMérieux Foundation日本7. 国内外の好事例や教訓を共有するための国際連携
2020GenEpid-J:薬剤耐性菌のゲノムデータベース厚生労働省 国立感染症研究所日本7. 国内外の好事例や教訓を共有するための国際連携
2014AMR対策に向けた日米協力の強化Biosecurity and Bioterrorism : Biodefense Strategy, Practice, and Science日本7. 国内外の好事例や教訓を共有するための国際連携
2015AMRに対するグローバルアクションプラン世界保健機関地球1. 医療現場の現状を踏まえた抗菌薬の適正使用の推進
4. 国民及び医療従事者へのAMRに関する学修支援の整備
7. 国内外の好事例や教訓を共有するための国際連携
2020国際薬剤耐性研究開発ハブ国際薬剤耐性研究開発ハブ地球5. 抗菌薬開発を促進するインセンティブ・モデルの策定
2018世界の医薬品アクセスランキング2018医薬品アクセス財団地球
6. 抗菌薬の安定供給
2017抗菌薬適正使用支援とは?Dyar, O. J., B. Huttner, J. Schouten, and C. Pulcini.地球1. 医療現場の現状を踏まえた抗菌薬の適正使用の推進
2019低・中所得国の医療施設における抗菌薬適正使用支援プログラム:WHOの実用的なツールキット世界保健機関低・中所得国1. 医療現場の現状を踏まえた抗菌薬の適正使用の推進
2016日本の抗菌薬使用調査:日本の経口および非経口抗菌薬使用に関する最初のレポート(2009–2013)Muraki, Yuichi, Tetsuya Yagi, Yasuhiro Tsuji, Nobuhiro Nishimura, Masaki Tanabe, Takashi Niwa, Tamayo Watanabe et al. 日本1. 医療現場の現状を踏まえた抗菌薬の適正使用の推進
20182004年から2016年までの日本における国の抗菌薬使用の傾向とパターンTsutsui, Atsuko, Koji Yahara, and Keigo Shibayama日本1. 医療現場の現状を踏まえた抗菌薬の適正使用の推進
2020日本における外来抗生物質処方の適応とクラス:電子健康保険請求の全国データベースを使用した記述的研究、2012〜2015年Hashimoto, Hideki, Makoto Saito, Jumpei Sato, Kazuo Goda, Naohiro Mitsutake, Masaru Kitsuregawa, Ryozo Nagai, and Shuji Hatakeyama日本1. 医療現場の現状を踏まえた抗菌薬の適正使用の推進
2018vol.9 データで振り返る薬剤耐性の現状2018 ~知ろうAMR、考えようあなたのクスリ~AMR臨床リファレンスセンター日本1. 医療現場の現状を踏まえた抗菌薬の適正使用の推進
2017抗微生物薬適正使用の手引き第一版厚生労働省日本1. 医療現場の現状を踏まえた抗菌薬の適正使用の推進
2020 全国の診療所医師を対象とした抗菌薬適正使用に関するアンケート調査Gu, Yoshiaki, Yumiko Fujitomo, Hiroshi Soeda, Chikara Nakahama, Naoki Hasegawa, Shigefumi Maesaki, Masayuki Maeda, Tetsuya Matsumoto, Isao Miyairi, and Norio Ohmagari日本1. 医療現場の現状を踏まえた抗菌薬の適正使用の推進
4. 国民及び医療従事者へのAMRに関する学修支援の整備
2019抗微生物薬適正使用の手引き第二版厚生労働省日本1. 医療現場の現状を踏まえた抗菌薬の適正使用の推進
2018地域連帯加算・抗菌薬適正使用加算の概要厚生労働省日本1. 医療現場の現状を踏まえた抗菌薬の適正使用の推進
2019抗菌薬適正使用支援プログラム(antimicrobial stewardship programs;ASPs)全国調査アンケート―2018年度診療報酬改定前の現状調査―Maeda, Masayuki, Yuichi Muraki, Tadashi Kosaka, Takehiro Yamada, Yosuke Aoki, Mitsuo Kaku, Tatsuya Kawaguchi et al.日本1. 医療現場の現状を踏まえた抗菌薬の適正使用の推進
20182000年から2015年の抗菌薬使用の世界的増加と地理的収束Klein, Eili Y., Thomas P. Van Boeckel, Elena M. Martinez, Suraj Pant, Sumanth Gandra, Simon A. Levin, Herman Goossens, and Ramanan Laxminarayan地球1. 医療現場の現状を踏まえた抗菌薬の適正使用の推進
3. 積極的な耐性菌スクリーニング検査及び迅速診断検査等を実施しやすい体制の整備
2018WHO報告 抗菌薬使用のサーベランス世界保健機関地球1. 医療現場の現状を踏まえた抗菌薬の適正使用の推進
2015食用動物における抗菌薬使用の世界的な傾向Van Boeckel, Thomas P., Charles Brower, Marius Gilbert, Bryan T. Grenfell, Simon A. Levin, Timothy P. Robinson, Aude Teillant, and Ramanan Laxminarayan地球1. 医療現場の現状を踏まえた抗菌薬の適正使用の推進
2008ヨーロッパにおける抗菌薬使用と薬剤耐性Van De Sande-Bruinsma, Nienke, Hajo Grundmann, Didier Verloo, Edine Tiemersma, Jos Monen, Herman Goossens, Matus Ferech, and European Antimicrobial Resistance Surveillance System欧州1. 医療現場の現状を踏まえた抗菌薬の適正使用の推進
2017薬剤耐性と闘うの開発と管理のグローバルフレームワーク世界保健機関地球1. 医療現場の現状を踏まえた抗菌薬の適正使用の推進
2019米国における抗生物質の処方と使用 2018年の更新:進捗状況と機会アメリカ疾病予防管理センター米国1. 医療現場の現状を踏まえた抗菌薬の適正使用の推進
2020TARGET 抗菌薬ツールキット英国家庭医学会英国1. 医療現場の現状を踏まえた抗菌薬の適正使用の推進
2020南アフリカ抗微生物薬適正使用プログラム ミッションステートメントFederation of Infectious Diseases Societies of Southern Africa南アフリカ1. 医療現場の現状を踏まえた抗菌薬の適正使用の推進
2013ベトナム耐性プロジェクト、迫り来る抗菌薬危機に取り組むAsian Scientistベトナム1. 医療現場の現状を踏まえた抗菌薬の適正使用の推進
2018サーベイランス国際協力機構日本2. 国内のAMRに関する危機の管理及びサーベイランス・システムの構築
2018日本の院内感染サーベイランス(JANIS):病院診断微生物学研究所に基づく持続可能な全国抗菌薬耐性サーベイランスモデルTsutsui, Atsuko, and Satowa Suzuki日本2. 国内のAMRに関する危機の管理及びサーベイランス・システムの構築
2018AMR指標と、SDGsおよび持続可能な2030アジェンダ目標のためのグローバル指標フレームワークとの関連性世界保健機関地球2. 国内のAMRに関する危機の管理及びサーベイランス・システムの構築
2013感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律厚生労働省日本2. 国内のAMRに関する危機の管理及びサーベイランス・システムの構築
2020参加医療機関一覧厚生労働省日本2. 国内のAMRに関する危機の管理及びサーベイランス・システムの構築
2019厚生労働省健康局 令 和 2 年 度 予 算 概 算 要 求 の 概 要厚生労働省日本2. 国内のAMRに関する危機の管理及びサーベイランス・システムの構築
2019中小病院における薬剤耐性菌アウトブレイク対応ガイダンスAMR臨床リファレンスセンター日本2. 国内のAMRに関する危機の管理及びサーベイランス・システムの構築
2019全国の医療施設が利用できる薬剤耐性(AMR)対策のためのプラットフォームJ-SIPHE公開AMR臨床リファレンスセンター日本2. 国内のAMRに関する危機の管理及びサーベイランス・システムの構築
2019グローバル薬剤耐性サーベイランスシステム(GLASS) 報告 2017-2018世界保健機関地球2. 国内のAMRに関する危機の管理及びサーベイランス・システムの構築
7. 国内外の好事例や教訓を共有するための国際連携
2019GLASS登録国– 2020年2月世界保健機関地球2. 国内のAMRに関する危機の管理及びサーベイランス・システムの構築
2014全体像:サイエントメトリックデータによって表示される抗菌薬と抗菌薬耐性の歴史 Brandt, Christian, Oliwia Makarewicz, Thomas Fischer, Claudia Stein, Yvonne Pfeifer, Guido Werner, and Mathias W. Pletz地球2. 国内のAMRに関する危機の管理及びサーベイランス・システムの構築
2016薬剤耐性:国家対策アクションブランを策定するためのマニュアル世界保健機関、国連食糧農業機関、国際獣疫事務局地球2. 国内のAMRに関する危機の管理及びサーベイランス・システムの構築
2019国家対策アクションブランのライブラリ世界保健機関地球2. 国内のAMRに関する危機の管理及びサーベイランス・システムの構築
2015アメリカの薬剤耐性対策アクションプラン アメリカ疾病予防管理センター米国2. 国内のAMRに関する危機の管理及びサーベイランス・システムの構築
2018WHO 世界感染症予防・コントロールネッ トワーク 会議報告世界保健機関地球2. 国内のAMRに関する危機の管理及びサーベイランス・システムの構築
2018G20専門家が仮のスーパーバグパンデミックを設定、薬剤耐性菌疾患の致命的な発生に世界がどう対応するかをテストBlanchard, Sam地球2. 国内のAMRに関する危機の管理及びサーベイランス・システムの構築
2016抗菌剤耐性との闘いに関する製薬、バイオテクノロジーおよび診断産業による宣言AMR Industry Alliance地球2. 国内のAMRに関する危機の管理及びサーベイランス・システムの構築
7. 国内外の好事例や教訓を共有するための国際連携
2016感染予防、制御および監視:薬剤耐性の発生と拡大制限-薬剤耐性菌のレビューO’Neill, Jim地球2. 国内のAMRに関する危機の管理及びサーベイランス・システムの構築
2019指示書なしの外来診療所抗菌薬処方:全国横断研究Ray, Michael J., Gregory B. Tallman, David T. Bearden, Miriam R. Elman, and Jessina C. McGregor米国3. 積極的な耐性菌スクリーニング検査及び迅速診断検査等を実施しやすい体制の整備
2017薬剤耐性と闘うための迅速診断技術に関する白書Health First Europe地球3. 積極的な耐性菌スクリーニング検査及び迅速診断検査等を実施しやすい体制の整備
2016AMR対策に役立つ微生物検査法〜AMRのスクリーニング及び同定~Nakamura, Tatsuya日本3. 積極的な耐性菌スクリーニング検査及び迅速診断検査等を実施しやすい体制の整備
2018薬剤耐性イノベーション:新規診断の特許動向 Longitude PrizeLongitude Prize地球3. 積極的な耐性菌スクリーニング検査及び迅速診断検査等を実施しやすい体制の整備
2019G20大阪首脳宣言G20地球3. 積極的な耐性菌スクリーニング検査及び迅速診断検査等を実施しやすい体制の整備
7. 国内外の好事例や教訓を共有するための国際連携
20192019 年 G20 岡山保健大臣宣言G20地球3. 積極的な耐性菌スクリーニング検査及び迅速診断検査等を実施しやすい体制の整備
6. 抗菌薬の安定供給
2017平成28年度 「新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業」に係る公募について日本医療研究開発機構日本3. 積極的な耐性菌スクリーニング検査及び迅速診断検査等を実施しやすい体制の整備
2019令和2年度 「新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業」に係る公募について日本医療研究開発機構日本3. 積極的な耐性菌スクリーニング検査及び迅速診断検査等を実施しやすい体制の整備
2017微生物検査/迅速検査/細胞診検査ベクトン・ディッキンソン アンド カンパニー地球3. 積極的な耐性菌スクリーニング検査及び迅速診断検査等を実施しやすい体制の整備
2018英国のプライマリ・ケアにおける不適切な抗菌薬処方を減らす可能性Smieszek, Timo, Koen B. Pouwels, F. Christiaan K. Dolk, David RM Smith, Susan Hopkins, Mike Sharland, Alastair D. Hay, Michael V. Moore, and Julie V. Robotham英国3. 積極的な耐性菌スクリーニング検査及び迅速診断検査等を実施しやすい体制の整備
2018迅速診断キット(2018-2023)の$ 280億以上の世界市場GlobalNewsWire地球3. 積極的な耐性菌スクリーニング検査及び迅速診断検査等を実施しやすい体制の整備
2019感染症と薬剤耐性のポイント・オブ・ケア迅速検査の持続可能性な取り込みには、複雑な「ミックスアンドマッチ」実用パッケージが必要Hays, John P., Konstantinos Mitsakakis, Saturnino Luz, Alex van Belkum, Karsten Becker, Ann van den Bruel, Stephan Harbarth et al.地球3. 積極的な耐性菌スクリーニング検査及び迅速診断検査等を実施しやすい体制の整備
2020Longitude PrizeLongitude Prize地球3. 積極的な耐性菌スクリーニング検査及び迅速診断検査等を実施しやすい体制の整備
2016感染症診断におけるイノベーションの確保:政策への影響世界保健機関地球3. 積極的な耐性菌スクリーニング検査及び迅速診断検査等を実施しやすい体制の整備
2019抗菌薬への啓蒙活動を改善する方法:WHOグローバル調査の結果Huttner, Benedikt, Mirko Saam, Lorenzo Moja, Karen Mah, Marc Sprenger, Stephan Harbarth, and Nicola Magrini地球4. 国民及び医療従事者へのAMRに関する学修支援の整備
2010英国の抗菌薬啓蒙活動:抗菌薬使用についての国民の知識と態度は変わったのか?McNulty, Cliodna AM, Tom Nichols, Paul J. Boyle, Mark Woodhead, and Peter Davey英国4. 国民及び医療従事者へのAMRに関する学修支援の整備
20192019 年 日本の医療に関する世論調査日本医療政策機構日本4. 国民及び医療従事者へのAMRに関する学修支援の整備
2018アメリカ人の80%以上が薬剤耐性による健康への脅威を懸念しているResearch!America米国4. 国民及び医療従事者へのAMRに関する学修支援の整備
2017日本の薬剤耐性(AMR)啓発活動Hasegawa, Manabu日本4. 国民及び医療従事者へのAMRに関する学修支援の整備
2019日本におけ薬剤耐性(AMR)の知識と理解を向上させるための一般認識と教育活動Akie Araim, Yoshinori Takahashi, Akiko Nakamura, Masaki Tanabe日本4. 国民及び医療従事者へのAMRに関する学修支援の整備
2015薬剤耐性:多国の国民意識調査世界保健機関地球4. 国民及び医療従事者へのAMRに関する学修支援の整備
2013イタリアでの抗菌薬使用に関する一般の知識、態度、経験Napolitano, Francesco, Maria Teresa Izzo, Gabriella Di Giuseppe, and Italo F. Angelilloイタリア4. 国民及び医療従事者へのAMRに関する学修支援の整備
2019英国における抗菌薬の理解と使用:2017年 世帯調査結果McNulty, Cliodna AM, Simon M. Collin, Emily Cooper, Donna M. Lecky, and Chris C. Butler英国4. 国民及び医療従事者へのAMRに関する学修支援の整備
2010スウェーデンでの抗菌薬使用と薬剤耐性に関する一般の知識と意識調査André, Malin, Åsa Vernby, Johanna Berg, and Cecilia Stålsby Lundborgスウェーデン4. 国民及び医療従事者へのAMRに関する学修支援の整備
2013医学生の抗菌薬適正使用に関する認識と知識:将来の処方者をどのように教育しているのか?Abbo, Lilian M., Sara E. Cosgrove, Paul S. Pottinger, Margaret Pereyra, Ronda Sinkowitz-Cochran, Arjun Srinivasan, David J. Webb, and Thomas M. Hooton英国4. 国民及び医療従事者へのAMRに関する学修支援の整備
2017カナダの医師の抗菌薬使用と薬剤耐性に関する知識とカウンセリング:2周期の全国調査Smith, Courtney R., Lisa Pogany, Simon Foley, Jun Wu, Karen Timmerman, Margaret Gale-Rowe, and Alain Demersカナダ4. 国民及び医療従事者へのAMRに関する学修支援の整備
2019パキスタンでの薬剤耐性に関する一般の知識と態度Akhund, Ramsha, Fatima Jamshed, Hassam A. Jaffry, Hamza Hanif, and Sundus Fareedパキスタン4. 国民及び医療従事者へのAMRに関する学修支援の整備
2018薬剤耐性に関する教育と啓発活動の結果:ラオスにおける抗菌薬関連の教育活動のアウトプット、アウトカム、行動影響Haenssgen, Marco J., Thipphaphone Xayavong, Nutcha Charoenboon, Penporn Warapikuptanun, and Yuzana Khine Zawラオス4. 国民及び医療従事者へのAMRに関する学修支援の整備
2019世界抗生物質啓発週間世界保健機関地球4. 国民及び医療従事者へのAMRに関する学修支援の整備
2011e-Bug 概要:学校向けの抗菌薬と衛生の教育資料McNulty, Cliodna AM, Donna M. Lecky, David Farrell, Patty Kostkova, Niels Adriaenssens, Tereza Koprivová Herotová, Jette Holt et al欧州4. 国民及び医療従事者へのAMRに関する学修支援の整備
2012プライマリ・ケアにおける抗菌薬の処方、ガイドラインの遵守および不要な処方―アイルランドからの観点Murphy, Marion, Colin P. Bradley, and Stephen Byrneアイランド4. 国民及び医療従事者へのAMRに関する学修支援の整備
2020ReACT - 概要ReACT地球4. 国民及び医療従事者へのAMRに関する学修支援の整備
7. 国内外の好事例や教訓を共有するための国際連携
2020Antimicrobial Ressitance Fighters の事例を読む
Antimicrobial Resistance Fighter Coalition地球4. 国民及び医療従事者へのAMRに関する学修支援の整備
2019スーパーバグと戦うスーパーヒーロー パイロットレポートWellcomeTrust/DBT Indian Alliance, World Comics India, Centre for Cellular and Molecular Biologyインド4. 国民及び医療従事者へのAMRに関する学修支援の整備
2011抗菌薬開発の課題Silver, Lynn L地球5. 抗菌薬開発を促進するインセンティブ・モデルの策定
2019抗菌薬の研究開発パイプラインの国際化Singer, Andrew C., Claas Kirchhelle, and Adam P. Roberts地球5. 抗菌薬開発を促進するインセンティブ・モデルの策定
2018製薬会社は、2050年には毎年1000万人の命を奪うかもしれない、拡大している脅威から後退しているHu, Charlotte地球5. 抗菌薬開発を促進するインセンティブ・モデルの策定
2019Achaogen破産、抗菌薬開発に対する問題を強調Mullard, Asher地球5. 抗菌薬開発を促進するインセンティブ・モデルの策定
2018薬剤耐性に対するプル型インセンティブの必要性国際製薬団体連合会地球5. 抗菌薬開発を促進するインセンティブ・モデルの策定
2017薬剤耐性(AMR)シンポジウム―AMEDにおける基礎から創薬までの研究開発最前線― 抄録集Tateda, Kazuhiro日本5. 抗菌薬開発を促進するインセンティブ・モデルの策定
2019市場1.9倍に拡大も マイナス成長時代の入り口に―データで振り返る平成の医薬品市場Maeda, Yuki日本5. 抗菌薬開発を促進するインセンティブ・モデルの策定
2017【富士経済調査】感染症領域市場、24年に30%減の5552億円Yakuji Nippo, Ltd.日本5. 抗菌薬開発を促進するインセンティブ・モデルの策定
2013抗菌薬の諸問題 抗菌薬開発停滞の打破へ向けてTateda, Kazuhiro日本5. 抗菌薬開発を促進するインセンティブ・モデルの策定
2018医療研究開発革新基盤創成事業(CiCLE)日本医療研究開発機構日本5. 抗菌薬開発を促進するインセンティブ・モデルの策定
2019新興・再興感染症制御プロジェクトの公募一覧日本医療研究開発機構日本5. 抗菌薬開発を促進するインセンティブ・モデルの策定
2017薬剤耐性感染症(ARI)未承認薬迅速実用化スキームについて厚生労働省日本5. 抗菌薬開発を促進するインセンティブ・モデルの策定
2018GARDP、エーザイおよび武田薬品による新たな抗菌薬の探索に関するパートナーシップ契約について武田薬品工業株式会社日本5. 抗菌薬開発を促進するインセンティブ・モデルの策定
2019日本アーカイブ– AMR Industry AllianceAMR Industry Alliance日本5. 抗菌薬開発を促進するインセンティブ・モデルの策定
2019感染症実用化研究事業(新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業)日本医療研究開発機構日本5. 抗菌薬開発を促進するインセンティブ・モデルの策定
2017今が新抗菌薬の償還を変える時:リスク軽減の方針に基づいて新抗菌薬に資金を提供するための保険フレームワークの開発Towse, Adrian, Christopher K. Hoyle, Jonathan Goodall, Mark Hirsch, Jorge Mestre-Ferrandiz, and John H. Rex地球5. 抗菌薬開発を促進するインセンティブ・モデルの策定
2019抗菌薬は、大手製薬会社が生産するのに十分な利益をもたらさないLangreth, Robert地球5. 抗菌薬開発を促進するインセンティブ・モデルの策定
2018健康研究開発に関する国際健康観測: 優先病原体の臨床開発における抗菌製品世界保健機関地球5. 抗菌薬開発を促進するインセンティブ・モデルの策定
2018抗がん剤開発2018レポート米国研究製薬工業協会地球5. 抗菌薬開発を促進するインセンティブ・モデルの策定
2019グローバルな前臨床抗菌薬パイプラインTheuretzbacher, Ursula, Kevin Outterson, Aleks Engel, and Anders Karlén地球5. 抗菌薬開発を促進するインセンティブ・モデルの策定
2020研究開発Global Antibiotic Research and Development Partnership地球5. 抗菌薬開発を促進するインセンティブ・モデルの策定
2018GARDP:薬剤耐性に取り組む非営利研究開発組織Drugs for Neglected Diseases initiative地球5. 抗菌薬開発を促進するインセンティブ・モデルの策定
2020薬剤耐性菌との闘いにおいてのバイオ医薬品アクセレーター - 概要Combating Antibiotic Resistant Bacteria Biopharmaceutical Accelerator地球5. 抗菌薬開発を促進するインセンティブ・モデルの策定
2016抗菌薬開発のための経済的インセンティブ:薬剤耐性菌に関する大西洋横断タスクフォースからの文献レビューと考察Sciarretta, Kimberly, John-Arne Røttingen, Aleksandra Opalska, Arjon J. Van Hengel, and Joseph Larsen地球5. 抗菌薬開発を促進するインセンティブ・モデルの策定
2020ND4BB:悪い菌に対する新薬革新的医薬品イニシアティブ.地球5. 抗菌薬開発を促進するインセンティブ・モデルの策定
2018病院での薬剤耐性菌との闘いを促進革新的医薬品イニシアティブ.地球5. 抗菌薬開発を促進するインセンティブ・モデルの策定
2020ENABLE:欧州のグラム陰性抗菌エンジン革新的医薬品イニシアティブ.地球5. 抗菌薬開発を促進するインセンティブ・モデルの策定
2017DNAギラーゼとのDNA切断複合体をアロステリックに安定化するチオフェン抗菌剤Chan, Pan F., Thomas Germe, Benjamin D. Bax, Jianzhong Huang, Reema K. Thalji, Eric Bacqué, Anna Checchia et al. 地球5. 抗菌薬開発を促進するインセンティブ・モデルの策定
2019薬剤耐性に関するプログラム連携イニシアティブ - 支援するプログラム薬剤耐性に関するプログラム連携イニシアティブ地球5. 抗菌薬開発を促進するインセンティブ・モデルの策定
2020REPAIR Impact Fund - 概要ノボ ノルディスク財団地球5. 抗菌薬開発を促進するインセンティブ・モデルの策定
20192019〜2024年の薬剤耐性への取り組み:英国の5年間アクションプランイギリス政府英国5. 抗菌薬開発を促進するインセンティブ・モデルの策定
2018報告: ライフサイエンス業界アライアンスが薬剤耐性を抑制するための行動を取っている AMR Industry Alliance地球5. 抗菌薬開発を促進するインセンティブ・モデルの策定
2017国際戦略イギリスの医薬品・医療製品規制庁地球6. 抗菌薬の安定供給
2013感染症専門医における抗菌薬不足に関する見通しと懸念Gundlapalli, Adi V., Susan E. Beekmann, Donald R. Graham, Philip M. Polgreen, and Infectious Diseases Society of America's Emerging Infections Network米国6. 抗菌薬の安定供給
2020日本における深刻なセファゾリン供給不足:ビジネス戦略Honda, Hitoshi, Shutaro Murakami, Yasuharu Tokuda, Yasuaki Tagashira, and Akane Takamatsu日本6. 抗菌薬の安定供給
2019抗菌薬セファゾリン供給停止 手術に影響、病院悲鳴朝日新聞日本6. 抗菌薬の安定供給
2019抗菌薬の安定供給に向けた 4 学会の提言 −生命を守る薬剤を安心して使えるように−日本感染症学会、日本化学療法学会、日本臨床微生物学会、日本環境感染学会日本6. 抗菌薬の安定供給
2019IQVIA 平成の医療用薬市場 前期は抗菌薬、中期は生活習慣病薬、後期は抗腫瘍薬が席巻株式会社ミクス日本6. 抗菌薬の安定供給
2019日医工、セファゾリン安定供給に15億円の投資日経メディカル日本6. 抗菌薬の安定供給
20152001年から2013年までの抗菌薬不足:臨床診療への影響Quadri, Farha, Maryann Mazer-Amirshahi, Erin R. Fox, Kristy L. Hawley, Jesse M. Pines, Mark S. Zocchi, and Larissa May地球6. 抗菌薬の安定供給
2018不足、欠品、希少性Cogan, Deirdre, Karrar Karrar, and Jayasree K. Iyer地球6. 抗菌薬の安定供給
2019 会議報告: 抗菌薬不足:規模、原因、および可能性がある解決策世界保健機関地球6. 抗菌薬の安定供給
2019薬剤不足:根本的な原因と可能性がある解決策米国食品医薬品局米国6. 抗菌薬の安定供給
2011処方薬不足:公衆衛生上の懸念と可能性がある解決策の検討United States Committee on Health, Education, Labor, and Pensions地球6. 抗菌薬の安定供給
2018脆弱な抗菌薬サプライ・チェーンは不足を引き起こし、国家安全保障上の脅威であるStone, Judy地球6. 抗菌薬の安定供給
2019抗菌薬のアクセス障害Center for Disease Dynamics, Economics & Policy地球6. 抗菌薬の安定供給
2014Drive-AB - 概要Drive-AB地球6. 抗菌薬の安定供給
2019抗緑膿菌 PcrV ヒト化モノクローナル抗体 COT-143 の導出に関する AMR Centre とのライセンス契約締結について塩野義製薬株式会社地球6. 抗菌薬の安定供給
2014抗菌薬および医療感染サーベランス/サーベランス・ネットワークの年次報告– 2014汎米保健機構北南米2. 国内のAMRに関する危機の管理及びサーベイランス・システムの構築
2017ワン・ヘルス世界保健機関地球7. 国内外の好事例や教訓を共有するための国際連携
2015ランセット誌への安倍総理大臣寄稿「世界が平和でより健康であるために」厚生労働省日本7. 国内外の好事例や教訓を共有するための国際連携
2015世界が平和でより健康であるために厚生労働省日本7. 国内外の好事例や教訓を共有するための国際連携
2015食用動物における抗菌薬使用の世界的傾向Van Boeckel, Thomas P., Charles Brower, Marius Gilbert, Bryan T. Grenfell, Simon A. Levin, Timothy P. Robinson, Aude Teillant, and Ramanan Laxminarayan地球7. 国内外の好事例や教訓を共有するための国際連携
2019アジア太平洋地域における薬剤耐性:会議報告Yam, Esabelle Lo Yan, Li Yang Hsu, Eric Peng-Huat Yap, Tsin Wen Yeo, Vernon Lee, Joergen Schlundt, May O. Lwin et alアジア太平洋7. 国内外の好事例や教訓を共有するための国際連携
2019AMR ワンヘルス東京会議 成果文書(議長サマリー) (仮訳)厚生労働省日本7. 国内外の好事例や教訓を共有するための国際連携
2019第6回 日経アジア・アフリカ感染症会議2019 - 国境を越えて立ち向こう日本初イニシアチ: 産官学連携のさらなる前進日本経済新聞アジア・アフリカ7. 国内外の好事例や教訓を共有するための国際連携
2016UN薬剤耐性組織間連携委員会世界保健機関地球7. 国内外の好事例や教訓を共有するための国際連携
2018新しい同盟が抗菌薬との闘いに加わるBurki, Talha Khan地球7. 国内外の好事例や教訓を共有するための国際連携
2016薬剤耐性に関するFAOアクションプラン2016–2020国際連合食糧農業機関地球7. 国内外の好事例や教訓を共有するための国際連携
2016薬剤耐性に関するOIE戦略と慎重な抗菌薬使用国際獣疫事務局地球7. 国内外の好事例や教訓を共有するための国際連携
2016AMR に関する国連ハイレベル会合政治宣言国際連合地球7. 国内外の好事例や教訓を共有するための国際連携
2018薬剤耐性に関する大西洋横断タスクフォースアメリカ疾病予防管理センター地球7. 国内外の好事例や教訓を共有するための国際連携
2017AMR Industry Alliance - AMR Industry AllianceとはAMR Industry Alliance地球7. 国内外の好事例や教訓を共有するための国際連携

gotoTop