News&Events

【開催報告】抗菌薬の安定供給に向けたフォーラム~抗菌薬をはじめとした医薬品の安定供給政策のさらなる推進を目指して~(2021年1月15日)

AMR アライアンス・ジャパンは「抗菌薬の安定供給に向けたフォーラム~抗菌薬をはじめとした医薬品の安定供給政策のさらなる推進を目指して~」を開催いたしました。

AMR アライアンス・ジャパンでは、産学官民のマルチステークホルダーによる議論を通じて、このような政策的な取り組みを後押しし、抗菌薬をはじめとした医薬品の安定供給政策を含むAMR対策の推進を目指してまいります。

本フォーラムの議論をもとに、「AMRアライアンス・ジャパン 抗菌薬の安定供給に向けたフォーラム報告 ~抗菌薬サプライチェーンの強化策・安全保障の視点で問う~」をとりまとめました。詳しくは、本ページの末尾をご覧ください。

 なお、会議はコロナウィルス対策を鑑み、WEB会議システムを中心として、オンサイトで集まる場合は十分な距離を保って実施しました。

 

概要
日時:2021年1月15日(金)
主催:AMRアライアンス・ジャパン(事務局:特定非営利活動法人 日本医療政策機構)

プログラム:
趣旨説明
マット・マカナニ(AMRアライアンス・ジャパン/特定非営利活動法人 日本医療政策機構 シニアマネージャー)

講演「抗菌薬の安定供給について」
清田 (公益社団法人 日本化学療法学会 前理事長/厚生労働省 医療用医薬品の安定確保策に関する関係者会議 座長)

パネルディスカッション「今後求められる打ち手と各セクターに求められる取組み」
座長 :

清田 浩(前掲)

パネリスト:
医薬品の安定確保を図るための取組(現状と今後の取組)
俊宏 (厚生労働省 医政局 経済課長)

作業部会(WG)の進捗及び優先確保医薬品選定後の見通しについて
松本 哲哉(公益社団法人 日本化学療法学会 理事長/国際医療福祉大学 医学部 感染症学講座 主任教授/厚生労働省 医療用医薬品の安定確保策に関する関係者会議 構成員)

基礎的抗菌薬セファゾリン供給の課題
島崎 (日医工株式会社 上席執行役員 信頼性保証本部長)

抗菌薬の品質要求・薬事規制の調和について
蛭田 (日本製薬団体連合会 品質委員会 前委員長/熊本保健科学大学 品質保証・精度管理学共同研究講座 特命教授)

薬価が抗菌薬製造の中国依存に及ぼす影響
澤田 拓子(塩野義製薬株式会社 取締役副社長)

AMRの観点からの抗菌薬の安定確保の重要性
上原 由紀(聖路加国際病院 臨床検査科・感染症科/日本感染症教育研究会(IDATEN) 代表世話人)

市民の視点で考える抗菌薬
阿真 京子(医療と子育て 代表/一般社団法人 日本医療受診支援研究機構 理事/一般社団法人 知ろう小児医療守ろう子ども達の会 元代表)

英国における医薬品の安定供給の取り組みについて
Diane Lloyd(駐日英国大使館 グローバル・チャレンジ副部長)

ファシリテーター:
柴田 倫人(AMR アライアンス・ジャパン事務局/特定非営利活動法人日本医療政策機構シニアアソシエイト)

閉会の辞
黒川 (特定非営利活動法人 日本医療政策機構 代表理事)

 

・・・

 

AMRアライアンス・ジャパン 「抗菌薬の安定供給に向けたフォーラム」報告

~抗菌薬サプライチェーンの強化策・安全保障の視点で問う~

 

2021年2月18日

 

2020年3月、厚生労働省医政局経済課は「医療用医薬品の安定確保策に関する関係者会議」(以下、「安定確保会議」)を立ち上げ、9月には同会議の取りまとめが公表された。また同年4月及び12月の政府臨時閣議において、海外依存度が高い医薬品原薬等の国内製造拠点の整備を支援することが決定し、補正予算に盛り込まれた。この重要な課題の次なる打ち手を検討するため、AMRアライアンス・ジャパンは2021年1月15日に「抗菌薬の安定供給に向けたフォーラム」を開催し、以下のとおり要点を取りまとめた。

  1. 抗菌薬の安定確保は各国における安全保障・危機管理上の問題である。抗菌薬を含む医薬品の供給不安の予防策・費用等にかかる難題を国民全体で共有する必要がある。
  2. 抗菌薬の供給不安は薬剤耐性(AMR)の拡大を助長する。
  3. 抗菌薬の安定供給のためには、既存の抗菌薬・新規の抗菌薬を問わず「人的資源、構造・設備等への資金投入」、及び「品質基準等の国際調和」が必要である。
  4. 抗菌薬の安定確保のために国としての踏み込んだ関与が必要である。そのためにも、市民への情報提供や市民の理解を得ることが必要である。
  5. 抗菌薬の供給不安は世界共通の問題であり、国際協力は不可欠である。新規の抗菌薬の開発者にとっても魅力的な市場を整備する必要がある。

 

詳細は下記の通り 

  1. 抗菌薬の安定確保は各国における安全保障・危機管理上の問題である。抗菌薬を含む医薬品の供給不安の予防策・費用等にかかる難題を国民全体で共有する必要がある。

(Key Drug:ペニシリンG、アンピシリンナトリウム/スルバクタム、タゾバクタム/ピペラシリン、セファゾリン、セフメタゾール、セフトリアキソン、セフェピム、メロペネム、レボフロキサシン、バンコマイシン、スペクチノマイシン塩酸塩、メトロニダゾール、コリスチンメタンスルホン酸ナトリウム、ファロペネムナトリウム、アズトレオナム、アミカシン硫酸塩、アモキシシリン水和物、セフジトレンピボキシル、ミノサイクリン塩酸塩、アジスロマイシン)

 

  1. 抗菌薬の供給不安は薬剤耐性(AMR)の拡大を助長する。

 

  1. 抗菌薬の安定供給のためには、既存の抗菌薬・新規の抗菌薬を問わず「人的資源、構造・設備等への資金投入」、及び「品質基準等の国際調和」が必要である。

 

  1. 抗菌薬の安定確保のために国としての踏み込んだ関与が必要である。そのためにも、市民への情報提供や市民の理解を得ることが必要である。

 

  1. 抗菌薬の供給不安は世界共通の問題であり、国際協力は不可欠である。新規の抗菌薬の開発者にとっても魅力的な市場を整備する必要がある。

以上

 

本書は、特定の登壇者の意見ではなく、本フォーラムの議論に基づき AMR アライアンス・ジャパン事務局(特定非営利活動法人 日本医療政策機構)が取り纏めた報告書である。

お知らせ一覧

gotoTop